人気の出会いアプリはオールジャンルの出会いに対応 www.waaslta.org

人気の出会いアプリはオールジャンルの出会いに対応 www.waaslta.org

出会いアプリは、ペナルティのないSNSのようなもの

出会いアプリ

出会いアプリとは、出会い系サイトがアプリケーション化したもの、あるいは、出会いを探すのに使えるアプリケーションのことです。たとえば、恋人、セックスフレンド、友達、話し相手、そういったありとあらゆる出会いを探すことのできるのが、出会いアプリなんですね。

出会いアプリが生まれる前、というよりは、スマートフォンが登場する前までは、出会い系サイトが主流でした。携帯電話がより便利になるのに合わせて、出会い系サイト、あるいは出会いを探すのに使えるSNSやコミュニティサイトなども、絶えず進化しつづけてきたのです。

出会い系サイトとの違い

さて、出会いアプリは出会い系サイトと比べ、どのようなところが変わったのでしょうか。まずひとつに、イメージというものがあります。現在は様々なアプリケーションが販売されていますが、出会いアプリもそのひとつであり、それを使うことはなんら特別なことでなく、言ってみればアプリで遊ぶというような軽い気持ちで利用する人が増えたことは、両者の重要な違いであるといえましょう。

出会い系サイトというと、恋人やセックスフレンドを欲しがっている人が利用するといったイメージがあり、事実そのとおりです。しかしアプリケーションの場合は、何をもって「出会いアプリ」とするのか、そしてそのアプリケーションが、出会い系サイトと同種のものであるのか、かなり曖昧であるといえます。ですから、特別出会いを求めていない人も、いわばそれをSNSのように使い始める、といったことがありうるのです。

これは出会い系サイトでは絶対にありえないことでした。なぜなら、出会い系サイトは、出会い系サイトと括りが限定されていたため、出会いをまったく求めていず、かつ悪戯をしようなどといった腹積もりのない人は、出会い系に登録する必要性が感じられなかったはずだからです。

しかしアプリケーションの場合は、デザインも綺麗で親しみやすく、中身がSNSとまったく同じで、またそれが出会いを求めるためのものでなく、数あるアプリケーションのうちのひとつといった、より大きな括りに分類されるので、ちょっとした暇つぶしに登録する人が、出会い系サイトに比べ圧倒的に多いのです。それは要するに会員数が多いということで、ある意味チャンスともいえますが、本来出会いを探すために作られたものであるはずの出会いアプリに、出会いを求めていない人が大勢いるというのは、同時にマイナスの要素ともいえるかもしれません。

次にSNSと比べてみましょう。SNSでは――これは誰でも一度くらいは経験があると思いますが――連絡先の交換や、出会いを求める発言などは禁止されており、それに違反すると、一定期間の利用停止や、強制退会などといったペナルティを科されます。女性とメールアドレスや電話番号を交換しようとして、これを食らったことのある人は多いでしょう。つまり本来のSNSは、機能的には出会い系サイトとなんら変わらなくとも、出会いを探すのにはあまりにも不便なものであった、といえるのです。しかし出会いアプリの場合、そのような制約はありません。

ですから、イメージとして、出会いアプリは、ペナルティがなく男性のみ有料のSNSといった感じなのです。もちろんこれは、その出会いアプリが、出会い系サイトとして機能している場合の話です。先にも書きましたが、これとは別に、単に出会いを探すのに使えるというだけで「出会いアプリ」と呼ばれているものもあります。こちらで出会いを探すときは、SNS式のものとはまったく違ったやり方をするのです。

無料の出会いアプリ

出会いを探すのに使える、というのを満たしていれば、それを出会いアプリと呼べるのだとすると、LINESkypeも「出会いアプリ」だといえるでしょう。しかもこちらは、完全無料で使うことができます。不便なところといえば、出会い系ではないため、プロフィール検索や、掲示板といった出会いを探すのに必要な機能がついていないことくらいでしょうか。しかしこれも、外部の掲示板を利用すれば、問題ありません。LINEやSkypeでの話し相手を募集するための掲示板はいくらでもありますから、そういったところで女性を探し、連絡を入れればよいのです。

そうすると、SNS式の出会いアプリを使うよりも、LINEやSkypeなどのアプリケーションを使ったほうが、楽に、安く出会いを探すことができるのではないか、と思えてきますよね。たしかに、安いというのは間違いないですが、楽かどうかというと、ちょっと微妙なところがあります。なぜかというと、LINEやSkypeの利用人口に対し、出会える人の割合がとても低いからです。

出会いアプリには、出会いを求めて登録する人も大勢いますから、何人かにあたれば必ず目的の一致する異性を見つけることができます。しかし、出会い系サイトとして利用されているのでないアプリケーションは、利用している人の大半が、出会いを求めていない人です。外部に掲示板はありますが、あくまでそれは話し相手を募集するためのもので、出会いアプリのように、出会いのために用意された掲示板ではありませんから、精度は落ちてしまいます。

今まで使ってきた出会い系サイトのように、確実な出会いを求めるのなら、出会い系サイトをアプリ化したようなSNS形式を、そうではなく、安さや手軽さを求めるというのなら、登録の要らないアプリを使うのがよいでしょう。どちらも一長一短ですから、まずは両方使ってみるというのが、いちばんいいのかもしれませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ